小学校受験の難易度を初心者にも分かりやすく紹介

小学校受験は子どもをより良い学校に入れたいと感じる親御さんにとって非常に重要なものです。
ただ実際にその小学校受験では何が行われるのかということは今ひとつ知られておらず、調べて知った時にはもうスタートを切るには遅かったといったことも少なからずあります。
ではその難易度としてはどういった形になっているのかというと、これは高校や大学と同じように受ける小学校によってかなり大きく変わります。
ただ出題内容としては常識問題や数量問題、言語問題といったペーパーテストに、先生と対話して対応力を見る口頭試験、走る、跳ぶ、マット運動などによる運動試験が主となっており、事前に内容さえ把握していればある程度対策が可能です。
もちろん公立校とは比べようもなく難しいですが、早めに準備していれば合格率を高めることは間違いなく可能でしょう。

小学校受験の難易度を調べる方法とは

小学校受験の難易度を調べるに当たって最も参考になるのは偏差値の情報です。
偏差値とは50を平均ラインとして難易度を測る数値のようなもので、例えば偏差値が40なら平均よりかなり下、60だとかなり優れていて難易度が高いとなります。
大学の偏差値だと日本国内の大学における最難関の東京大学理科三類が80、一橋大学経済学部が70、学習院大学経済学部が60といった具合になっていますから、こうした大学偏差値を見て難易度をある程度イメージすることもできるでしょう。
基本として偏差値が高い小学校を受験するのならば十分な準備が必要で、偏差値が低い小学校を受験するのならばある程度余裕を持って準備できるといったイメージで差し支えありません。
最近だと専門情報誌だけではなくインターネットなどでも情報が見られるようになっていますから、志望先を決める際にはまずチェックしてみると良いでしょう。

偏差値が高いことが優れた小学校であるわけではない

小学校受験の難易度を見る上で必ず知っておかなくてはならないのが、偏差値が高い小学校だから優れた小学校になるわけではないという点です。
確かに偏差値が高いということは入試難易度が高く入りづらいということになるのですが、しかし小学生というのは大学生とは異なり、学習的にはもちろんのこと人間性としてもまだまだ未熟な部分があります。
学力のみならず人間としての根底を育てるのが小学校である以上、大学受験よりも学校の教育方針が育児の理想とマッチしているかということを考える必要があるのは当然のことです。
よってもし小学校受験を考えているのであれば、ただ偏差値という数字を見るのではなく小学校としてどうなのかということをしっかりみた上で受験先を選ぶことをおすすめします。

1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 小学校受験合格のため、お子様だけでなく一緒に頑張るお父様・お子様のサポートも充実しています。小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 伸芽会は幼児教室・幼児教育のパイオニアです。60年の歴史をもち、卒業生は15万人以上です。 小学校受験のパイオニアなら【伸芽会】