小学校受験にはどのような対策を取るべきかまとめ

小学校受験に必要な対策は年々微妙に変わってきていますが、基本的にはお子様自身の学力を見るペーパー、運動テスト、行動観察テスト、絵画工作のテスト、願書、面接となります。どれも短期間では身に付かないものばかりですから、早めに行動することが必要です。一般的には年中頃から幼児教室に通い始めるご家庭が多いです。幼児教室ではただ授業をこなすだけでなく、各学校の入試情報を持っていますから、志望校に応じた対策をすることが可能になります。また、学校によって試験内容が大きく異なるため、どのような学校を受けたいのか両親で話し合い、その学校に向けた対策が必要になってきます。どのような対策が必要になってくるのかは、幼児教室に入会する前でも市販の過去問を入手すればどの家庭でも把握することが可能です。

現在もっとも重要視されている行動観察テストの対策

小学校受験にはどのテスト対策も必要不可欠ですが、特に行動観察テスト対策は最も重要視されています。メインで通っている幼児教室以外にも行動観察専門の個人の教室に通う家庭も珍しくありません。何故行動観察テストが重要視されているのかと言いますと、学校側からしますと学力の方は問題なくとも、入学後に授業態度に問題が起きたり、お友達とのトラブルを起こす生徒がいるからです。問題行動を起こすような子供やその家庭には入学して欲しくないので、学校側は行動観察テストを開始するようになったのです。ですから、学力や運動も大切ですが、行動観察テストは気を抜いてはいけません。また授業の進行の妨げになるような行動もいけませんから、堂々と人前で発表できる度胸や、素早く次の行動に移せる能力も身に付けなくてはいけません。

両親の願書、面接対策も気が抜けません

小学校受験の合格のためにはもちろん両親の対策も必要です。両親ができることは願書と面接対策であり、その内容をもとにどのようなご家庭なのかを学校側は判断します。願書とは、どのような家庭なのかを学校側へ伝えるためのものですから、日頃から他の家庭にはないエピソードとなる内容をまとめておく必要があります。直前では何を書いたらいいのか思い浮かばないものですから、年長になるころから意識してノートに記しておくといいでしょう。面接対策も、願書の内容が役に立ちます。日頃願書用にと家庭や子供のことをまとめておいたノートを思い出しながら、面接で聞かれた質問に対してどのように伝えるべきかを考えておくといいです。ただしこの対策はお母様一人で行うものではなく、お父様とのご両親揃って話を合わせておく必要があります。面接本番で、お父様とお母様の思いにズレがあってはいけないからです。